医療保険とファクタリングの関係

日本では公的な医療保険制度が確立されています。

たとえばケガなどをして治療を受けた際には、その料金を全額、支払う必要はありません。
窓口で保険証を見せれば公的医療保険の被保険者であることが証明され、治療などにかかった費用の一部を支払うだけて良い仕組みとなっています。ですが医療サービスを提供した側にとってみれば、このままでは本来、得ることができるはずの利益を得ることができないままです。そのままだと経営が悪化したり、資金繰りが苦しくなってしまう恐れがあるので、サービス提供者は医療保険の保険者に対して、残りの部分の請求を行う必要があります。

そしてその請求が認められれば、保険者から残りの部分の料金が診療報酬として支払われると言う仕組みです。

ファクタリングのランキングに関する情報探しのお役に立つサイトです。

ですがこの請求申請から実際に報酬が支払われるまでには2ヶ月の期間を要します。ですから経営が苦しい事業所、あるいは新規事業所などは、その間に資金繰りなどが悪化してしまう恐れもあります。

ファクタリングは、ファクタリング業者が支払われていない部分の債権を買い取り、キャッシュをサービス提供者に支払うと言う仕組みです。



だいたい8割程度の価格で買い取られるので、本来の診療報酬よりは安いキャッシュになってしまいます。



ですがファクタリングを利用すると、診療報酬が手元に入ってくるまでの2ヶ月と言う期間を短縮することができるので、経営を立て直すことも可能となります。医療保険と言う仕組みによって成立している業界においては、ファクタリングは利用されることが多い制度です。