パワーコンディショナーの役割と価格帯

category01

太陽光パネルで電気を作り出した場合、その電気は直流なので、そのままでは一般家庭で使用できません。
そこでパワーコンディショナーを使って、交流電流に変換する必要があります。

この変換器は略してパワコンと呼ばれることも多く、インバーターの一種です。

そのためパワーコンディショナー自体が、発電量を増やすわけではありません。家庭用のパワーコンディショナーは、通常3kWから5.9kWです。


価格帯の相場としては、最大出力3kWの場合で、屋内設置タイプなら30万円前後となります。屋外設置の場合は、少し高くなり40万円前後です。

ただし価格は、メーカーによっても異なります。尚、耐久年数は、平均10年から15年です。
現在、パワーコンディショナーの技術も進んでいるため変換効率が高く、ほぼ95%程度変換できます。

しかし変換時に若干ロスが発生しますので、100%にはなりません。


また太陽光発電システム全体の価格は、まず太陽電池モジュールが、例えば3.5kWシステムならパネル1枚で約70、000円、20枚設置すれば1、400、000円です。

価格のパワーコンディショナー情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

さらに太陽電池モジュールの設置工事費用として、約160、000円かかります。


しかし順調に発電して売電収入が入れば、初期費用をその収益でまかなうことが可能です。
そしてローンの場合なら、支払いが終われば全ての売電収入が利益になります。



パワーコンディショナーも含めて、太陽光発電システムは故障が少ないため、リスクの少ない投資と言えます。



ITの知っておきたい常識

category02

次世代エネルギーとして重要な太陽光発電設備は、太陽光パネルにより発電された電力をパワーコンディショナー(パワコン)に送り、周波数や電源を調整する事で初めて使用可能となります。太陽電池により発生する電力は直流で、そのまま建物に供給しても使用できません。...

subpage

ITのよく解る情報

category02

パワコンとはパワーコンディションの略称であり、簡潔に説明をすると太陽光発電のシステムに欠かせないものであり、太陽光発電システム全体を効率的に稼働させるなどの重要な役割を担っています。太陽光発電はその名の通り、太陽光エネルギーを用いて電気を作り出す発電方法です。...

subpage

ITのテクニック

category03

パワーコンディショナー(以下パワコン)とは、直流の電気を交流に変換する機器、いわゆるインバータの一種です。ソーラー発電や家庭用燃料電池による発電を行う際に必要となる機器です。...

subpage

これからのIT

category04

東日本大震災の原発事故により、自然エネルギーへの注目が集まる中、政府による売電の固定価格買取制度なども有り、家庭にソーラーパネルを設置しようと考える人も多いでしょう。しかし、ソーラーパネルなどで発電した電力は直流電力であり、そのままでは家庭用に使う事が出来ません。...

subpage