医療保険、ファクタリングの対象になるのはどの種類か

日本において医療保険と言った場合、主には公的なものと民間のものに種類分けすることができます。


まず公的なものですが、これはいわば国民皆保険であり、この世に生を受けた時から自動的に加入する必要が発生する保険です。


病院などを訪れた際には健康保険証を窓口で提示しますが、これは公的医療保険の被保険者であることを証明するためです。


そしてそれを証明することで、治療などにかかった料金を全額支払う必要はなく、残りの部分については保険による補助を受けることができます。

ファクタリングの評判情報を得るならこちらをご利用下さい

もうひとつの種類、民間の保険ですが、これは加入するかしないか、またどの保険会社の保険に加入するかと言ったことなどが任意です。

そして窓口などで証書を見せる必要はなく、保険金支払いの手続きは、原則、被保険者が自分で行う必要があります。



ファクタリングとは、医療サービスにおいて相手側の都合によって料金の支払いが済んでいない部分の債権をファクタリング業者が買い取り、その分をサービス提供者にキャッシュとして支払うと言う仕組みです。

実際に発生した料金よりも窓口で支払われる料金が少ないからこそ、ファクタリングと言う仕組みが必要です。


そして実際に窓口で支払う料金が少なくても良いのは、公的医療保険制度が確立されているためです。

ですからファクタリングの対象となるのは、公的医療保険の方と言うことができます。
サービス提供者は未払い部分の料金の支払いを受けるために、毎月、決められた期限までに保険者に対して申請を行います。

しかし申請を行ってから支払われるまでには2ヶ月の期間が発生するため、それを短縮するために、少しでも早くにキャッシュを入手するために、ファクタリングが利用されることがあると言うことです。